マニュアル

Windows 8.1のバックアップ方法

Windows 8.1では「ファイル履歴」というバックアップ機能が標準搭載されています。
ここでは、これを使ったバックアップの方法を説明します。

1. バックアップを保存するメディア(外付けHDDやUSBメモリ,DVDなど)を接続します。
2. 画面左下にマウスカーソルを持っていき、右クリックしコントロールパネルをクリックします。

Windows8.1ファイル履歴1.jpg

3. コントロールパネルの中から「ファイル履歴」をクリックします。
Windows8.1ファイル履歴2.jpg4. コピー先があっていることを確認して、「オンにする」をクリックします。コピー先には最初に接続したバックアップ先を指定するのですが、お使いのパソコンや状況により指定先が異なります。
よくわからないという方は、PCサポートスタッフにご相談ください。
Windows8.1ファイル履歴3.jpg
5. 「オンにする」をクリックすると、初回のファイルコピーが始まります。 その後はバックアップ用のメディアを接続すると自動的にコピーが始まります。
なお、バックアップは指定したメディアの中に「FileHistory」というフォルダが作成され、その中に保存されていますので、
間違って、「FileHistory」というフォルダを削除しないようにしてください。