マニュアル

Windows 7およびWindows 8のバックアップ方法

Windows 7 およびWindows 8 の標準機能を使用してのバックアップ方法について説明します。
※Windows 8.1ではこの機能はありません。かわりとして「ファイル履歴」という機能があります。

1. バックアップを保存するメディア(外付けHDD,USBメモリなど)を接続します。
2.バックアップの設定画面を以下の方法で起動します。
2.1 Windows 7の場合

左下のスタートボタンをクリックし、「プログラムとファイルの選択」と薄い字で書いてあるところに「バックアップ」と入力して、「バックアップと復元」をクリックします。(図1参照)
図1.「バックアップと復元」の起動
Windows7_backup1-thumb-250x279-22308.jpg


 2.2 Windows 8の場合

チャームの検索(図2)をクリックし、「バックアップ」と入力して、「Windows 7 のファイルの回復」をクリックします。
※チャームは「Windowsキー」を押しながら「Cキー」を押すことで表示されます。
図2.チャームで検索をクリック 図3.「Windows 7 のファイルの回復」を起動
Windows8_バックアップ1.jpg Windows8_バックアップ2.jpg


3.図4の赤枠で囲まれている「バックアップの設定」をクリックします。

図4.バックアップの設定
Windowsバックアップ1.jpg


4. 図5を参考にバックアップを保存するメディアを選択します。

図5.バックアップの保存場所
Windowsバックアップ2.jpg


5.「自分で選択」を選択し「次へ」をクリックします。
6.図6を参考にバックアップしたいフォルダにチェックをつけて、次へをクリックします。

図6.例「Intel」フォルダをバックアップしたい場合
Windowsバックアップ3.jpg

7.「設定を保存してバックアップを実行」をクリックします。
8.バックアップが実行されます。終了したら作業完了です。

わからないことなど質問がございましたら、PCサポートスタッフにお尋ねください。